悲嘆回復ワークショップ 愛する人を喪った悲しみを癒すために

プロフィール

メッセージ

1999年1月に私自身、夫を亡くしました。特異な大腸ガンでこの世を去った夫の死は、思っていた以上にとても辛く、「なぜ?」「どうして、私になの?」という思いが時に湧き上がり、悲嘆の罠にはまり、抜け出すことは容易にはできませんでした。「生きている意味って、なんだろう」という思いにとらわれ、苦しさから逃れたい一心で渡米しました。ある州で出会ったのが「悲嘆ケア」でした。
公的に援助が認められているアメリカに比べて日本では、患者のケアはなされていても、遺族のケアはなされていないのが現実です。アメリカで学んだそのままのケアではなく、日本人の死別反応の特徴をふまえた「悲嘆回復ワークショップ」を立ち上げました。
悲嘆に苦しんでいる方が少しでも、辛い悲しみから抜け出して頂ければと思います。

宮林 幸江

経歴

東京医科歯科大学 大学院修士、博士号取得
福島県立医科大学 看護学部 講師
茨城県立医療大学 看護学部 成人看護学 助教授を経て
宮城大学 看護学部 老年看護学 教授
現在自治医科大学 看護学部 教授

▲ページの先頭に戻る